店舗管理って何をするの?

統括本部が健全な経営のため各店の状況を把握

店舗管理とは多店舗展開する小売店や飲食店などを統括する本部が、各店舗の売上や仕入・在庫状況、スタッフの勤怠など管理することを言います。
なぜそのようなことが必要になるかというと、店舗管理を行わないと各店の状況を把握できず、各店へ的確な業務指示を出したり、経営母体として統一的方向性を保てなくなるからです。
また見えないところで過剰在庫や欠品などが発生し、経営危機に陥る可能性も出てきます。品揃えやサービスもバラバラになるため顧客も困るでしょう。健全な経営を維持するために店舗管理は無くてはならないのです。

店舗管理で悩む こんな課題

  • 店舗の経営数値を把握できない

    売上・在庫・仕入などの数値情報が各店舗内で滞っている状況です。

  • 店長の作業が店舗内だけで手一杯

    店舗内の接客や管理で忙しく、本部にするべき状況報告ができません。

  • 指示系統がバラバラで周知徹底されない

    何本も指示系統があると受けた人以外に伝わらないことがあります。

  • タイムカードでアナログ勤怠管理

    月1回タイムカードの記録集計を手作業で行うのは効率が悪いです。

  • Excelによる商品管理なので非効率

    取扱商品点数が多くなると入力が追いつかず管理ができません。

  • ベテランスタッフなど特定の人がいないと業務が止まる

    管理の属人化が進むと、特定の人でないと作業が進まなくなります。

  • 顧客情報の詳細を把握できていない

    購買頻度や履歴がわからないので効果的なDMや案内が出せません。

  • 店舗スタッフのシフト管理が甘い

    店舗の状況把握ができていないと人材配置のバランスが崩れます。

課題を一気に解決する店舗管理システム導入

各課題を見てもわかるように、店舗管理は多岐にわたり、機能しないことで起きる弊害は大きなものになります。それを解決するには、店舗管理システムを導入して経営数値の分析や業務の効率化を進めるのがベストです。

店舗管理システムや在庫管理システムは
クラウドERPなの?

情報をまとめて管理できる「クラウドERP」

クラウド型店舗管理システムには、POSや商品管理、勤怠管理などさまざまな機能がありますが、これらの機能をすべて集約し、一元管理できるクラウド型店舗管理システムを「クラウドERP」と呼びます。

多くの機能をまとめて管理できるシステムをクラウドERPと考えてよいでしょう。

クラウドERPは情報を一元管理で業務効率的にする

クラウドERPのメリットは、やはり企業運営におけるすべての情報を一元管理できるという点です。

POSや勤怠管理など、それぞれ別のシステムで管理すると扱いにくいですが、ひとつのシステムでまとまっていれば、売上を入力したら在庫データを減らすなど、他のシステムの情報を一度に変更することができて効率的です。

また、効率化によってすばやく情報を更新できれば、常に最新のデータを見ることができ、業績アップにもつながります。

クラウドERPは海外に拠点を導入したいと考えている企業にも適したシステムです。

海外の企業運営に必要な機能や法律要件などが備わっていることが多いので、同じシステムを海外でも使うということが容易に行えます。

インターネットがあればサーバやソフトの設定も必要ないので、とても手軽です。

さらに、クラウドERPを提供している多くのサービスは、法制度の改正などにおいて会社が受ける影響の機能について、常に更新を行っているため、企業側で、それらの対処をしなくても常に時代の流れに対応したシステムを使用できることも大きなメリットだといえます。

クラウドERPは高額の維持費用がかかる場合もある

クラウドERPの導入や保守における費用がかかるという点があります。

機能が多い分ライセンス費用も高く、また定期的なバージョンアップなどに対応してアップデートを行う際にも費用がかかります。

保守の費用も高額になることが多いので、費用対効果をしっかり検討した上で導入を決断しなければなりません。

また、クラウドERPは、多くの機能を持ちますが、特殊な業務を行っている企業の場合、それらの機能を用いても自社の業務管理に対応しきれない場合もあります。導入時に機能を追加することは可能ですが、その分費用が高くなりますので、コスト面のリスクが大きくなります。

自社の業務管理に役立つ機能を考えて選ぶ

クラウドERPの導入を検討している企業は、まず標準機能で自社の業務管理をすべて補えるかということを考えることが重要です。

導入においては、実際にクラウドERPを操作する現場の意見を積極的に取り入れ、導入後に現場の負担ならない運用が可能であるかも考慮しなければなりません。

金額が安い、機能がたくさんあるということだけで選ぶのではなく、必ず搭載されている機能が自社の業務管理に役立つかを検討しましょう。

トライアルで各サービスを比較する

要件が定まり、システムを選定する段階となったら、各サービスが展開しているトライアル製品を活用して多くの製品に触れてみることをおすすめします。

もちろん現場の社員にも実際に触れてもらい、「使い勝手がよい」か「効率のよい業務管理を行える」などの点についてヒアリングします。

また、利用するサービスの担当者とできるだけ細かい話し合いを行い、よりシステムについて理解した上で導入を決めれば、クラウドERPは業務管理において強い味方になってくれるでしょう。

店舗管理システムって何ができるの?

店舗管理システムとは売上管理や在庫管理、従業員の勤怠管理など店舗を運営する上で必要となる基本業務を一括管理できるシステムのことです。ここでは売上アップや業務の効率化に役立つ代表的な機能を紹介します。

  • 商品管理システム

    商品の仕入れや在庫から納品・陳列までを管理するシステムです。ここがしっかりしていないと過剰在庫や欠品の原因になるので非常に重要です。システムの導入により商品管理作業の効率化や標準化が可能になります。

    more
  • POSシステム

    販売時点で商品名、数量、時刻といったデータを収集し、多角的に分析することができるシステムです。販売動向が即座にわかるようになるため、その後の価格政策や仕入・在庫管理の効率化につなげることができます。

    more
  • ポイント管理システム

    ポイントカードを利用して顧客の基本情報と購入情報をデータベース化することで、購入行動を把握・分析して販売促進につなげる顧客管理ポイントカードシステムです。良好な関係を築いて顧客満足度を向上させます。

    more
  • 顧客管理システム

    顧客の基本情報に販売データなどを紐付けて分析し、マーケティング精度を向上させる機能です。システムを導入することにより顧客行動の可視化ができ、無駄なマーケティング費用が無くなるので経費削減につながります。

    more
  • 勤怠管理システム

    店舗スタッフの出退勤の時間を正確に把握することができるシステムです。給与計算まで自動的に行います。手作業で集計するのに比べると計算ミスが発生せず、担当者の手間も軽くなるので人件費削減の効果があります。

    more

店舗管理システム機能比較表

  POS 商品管理 顧客管理 ポイント
管理
スタッフ
管理

スゴ腕

公式サイト
○ ○ ○ ○ ○

アラジンオフィス

公式サイト
- ○ - - -

ストロベリージャム

公式サイト
- ○ - - -

TRUE TWINSHOP

公式サイト
○ ○ ○ - -

テンポアシスト

公式サイト
- ○ - - -

BCPOS

公式サイト
○ ○ - - -

テンポバイザー

公式サイト
○ ○ - - -

ファッションマネージャーワールドワイド

公式サイト
○ ○ - - -

ガルフCSM

公式サイト
- ○ - - ○

まとめ

すべての管理機能に対応するのは1製品のみ

各社システムを比較してみるとPOSと商品管理に重点を置いたものが多く、顧客管理や勤怠管理まで対応するシステムは少ないことがわかります。
この中では「スゴ腕」だけがすべて対応していました。
※ただし勤怠管理について、標準仕様では指紋認証やICカード機器と連動していません。

さっそく「スゴ腕」店舗管理システムを見る

一般的なシステム導入の流れ

店舗管理システムや商品管理システムを導入することでいくつものメリットが生まれます。これらのメリットを得るために多くの企業やお店でシステムが導入されていくのですが、どのようにしてシステムを導入するのかを知っておくとスムーズに導入することが出来るようになりますよ。また導入の流れまでに注意しなければいけない事やポイントなどを押さえておくことでより質の高いサービスを利用することが出来るようになるでしょう。

店舗管理システムや商品管理システムの導入はまず導入元である業者選びから始めていく必要があります。店舗管理システムや商品管理システムを提供している業者は数多く存在しているため、業者選びに時間が掛かってしまうこともあります。そこでシステムを導入して何を改善したいのか、どういったメリットを求めているのかというニーズをより明確にすることでシステムに求めている部分がはっきりし、導入までの流れをスムーズに進めることが出来るようになるのです。

システム導入に必要な費用の目安

店舗管理システムや商品管理システムを導入する場合、システム自体の購入費用と場合によっては工事費用が掛かることがあります。導入するシステムの数とシステムの質によって費用が変わってきますが、大まかな目安としてどれだけの費用が掛かるのかを知っておくようにしましょう。システム導入の費用の目安を知る方法はいくつかありますが、一番一般的な調べ方は見積もりを出して貰う方法になっているため、具体的な導入案が決まり次第業者に確認してもらうことをオススメします。

業者に見積もりを出してもらう以外の方法として、導入事例から費用を比較して調べるという方法があります。業者によってはホームページなどに扱った導入事例を一例として紹介していることがあるため、その事例を確認して費用を見比べることが出来るようになるのです。この方法であれば導入事例のメリットなども一緒に確認することが出来るので、費用の相場と共に調べることが出来て一石二鳥と言えるでしょう。

自社に必要な店舗管理システムの選び方

店舗管理システムには様々な機能が付いています。業種別に役立つシステムもあれば機能もあるので、ベストマッチするシステムを導入するようにしましょう。業種別に役立つシステムや機能を備えている店舗管理システムの選び方としてネット検索を活用する方法があります。ネット検索を行なうことによって業務に役立つ機能を備えた店舗管理システムを探すことが出来ると同時に、システムの評価をチェックすることが出来ます。このような調べ方をすることでより良い店舗管理のシステムを導入することが出来るようになるのです。事前に自社に必要な機能が何か、システムにどういった機能が欲しいのかを考えておくことも大切な事と言えますよ。

もう一つ店舗管理システムを選ぶ方法として、導入事例の失敗談に目を通すという方法があります。導入失敗談にはシステム選びに役立つ情報がいくつもありますし、「予想と違った」、「運用してみると意外と不要なサービスだった」などという情報も記載されていることがありますので、目を通していても損にはならないのです。同じような目的で導入している企業も数多く存在しているので、失敗談から教訓を得て自社に役立つ店舗管理システムを選んでいきましょう。失敗談をチェックする際にはどのような理由でしっぱいしたのか、どのようなシステムを選んでその結果になったのかを押さえておくようにすると参考になりますよ。ただ目を通すだけでなくどこに注目して失敗談を見るのかということも大切なのです。

棚卸に役立つ!商品管理機能の活用方法

商品管理システムを導入することで得られるメリットは大きく分けて三つあります。まずその一つとして管理作業の効率化から解説していきます。棚卸の作業は商品を管理する企業であれば基本的に業種を問わずに行なう必要がありますが、その棚卸の作業を効率よくしてくれるのが商品管理システムのメリットとなっているのです。未だに紙やペンを使って商品管理を行なっている業者がいますが、この方法だとどうしても時間が掛かってしまいますし人員も増えてしまうでしょう。作業の効率が悪くなることによって、生産性が落ちるだけでなく、コストも発生してしまうためあまり良い方法とは言えないのです。二つ目のメリットは管理作業の正確性アップです。手作業でなくシステムによる管理になるのでヒューマンエラーが極端に少なくなり、確認を何度も行なう必要がなくなります。

最後に、管理業務をシステム化することで属人化を防ぐことが出来るというメリットが生まれます。普段管理している社員が休みの場合、誰も管理の行方が分からなくなってしまうということを防ぐことも出来ますし、その社員が辞めてしまった場合の大きな穴を埋めることが出来ます。システムを導入することによって他の社員も同じように管理業務をこなすことが可能となり、属人化のデメリットがなくなります。このデメリットがなくなるだけで商品管理システムを導入する価値があると言えるでしょう。商品管理システムを導入する事で得られるメリットを考えて早めに導入しておけば、業務の効率化や管理ミスを減らしていくことが出来ますよ。

集客に繋がる!顧客管理機能の活用方法

顧客管理は集客にも役立ちます。顧客管理を徹底することでお客がどのような商品、サービスを求めているのかを知ることが出来るようになるため、その情報を基に集客に役立てることが出来るのです。また顧客管理をアシストするシステムも数多く存在しているのでぜひ活用していきましょう。顧客管理システムを利用している企業もたくさんいるので、どのように活用しているのか参考にしてみるのもいいでしょう。企業の業績アップに繋がるヒントが隠されている可能性もありますよ。

顧客管理が重要な理由として多くの企業が、新規顧客の為に必要という回答をしています。顧客のニーズを分析することによって新しい商品やサービスの開発に大きく役立ちます。また今まで自社を利用し続けている顧客がなぜ自社を使い続けているのかを知ることで、顧客満足度の秘密を明確にすることが出来るようになるのです。残っている顧客により良いサービスや商品を提供することと同時に、新しい顧客を得るために顧客管理システムの存在が欠かせないのです。

新規顧客を増やすためにも宣伝広告を出している企業もたくさんいます。しかし宣伝広告費用は企業にとっても大きなコストになるため、継続して行なうのは難しくなってくるでしょう。宣伝広告に負担を減らすためにも顧客管理システムを活用することをオススメします。顧客のニーズが分かればそれに合った的確な広告を出すことが出来るようになるので、無駄な広告にコストをかける必要がなくなるのです。

店舗管理システムの意外な機能…

店舗管理システムにはお店の売上を確認する機能やクラウドを利用して他の店舗の情報を共有することも出来ます。こうした機能のお陰で様々な企業の業務をサポートしている店舗管理システムですが、その他にも役立つ機能は数多くあるため知っておきましょう。店舗管理に役立つ機能以外にも「こんな機能もあったんだ!」と思われるような機能もあるので知っておくとよりシステムを有効活用することが出来るようになります。

店舗管理システムでは本部と支店のやり取りをスムーズにするためにポータル、掲示板、動画配信といった機能が付与されています。これらの機能は一般的な店舗管理システムにも付与されている機能となっているのです。またやり取りを円滑に行うための機能として文書管理や承認フローといった機能が備わっている店舗管理システムもあるのです。意外と知られていない機能はまだまだたくさんあるため、店舗に役立つ機能かどうかを判断して導入しましょう。

システムを導入する際に気を付けるポイント

店舗管理システムを導入した会社の中には期待通りの効果が出なかったというケースもありますが、その多くは事前確認をしていなかった、そこまで考えが至らなかったことなどによるものです。そこでどの点に注意すればよいかをまとめました。

  • 既存システムと連携しないことがある

    システム導入の前にすでに会計ソフトなどを利用していることも多いですが、連携が取れるシステムと取れないシステムがあるので注意が必要です。場合によっては二度手間になって業務負担が増えてしまうこともあります。

  • 基本機能だけでは業務すべてをカバーしない

    どこの店舗でも業務フローや管理方法が同じということはありません。汎用性のあるシステムでも自社の業務をすべてカバーするとは限りません。事前に課題を整理しておいて相談時に解決できるか確認することが重要です。

  • システム同士の親和性が低くコスト高

    社内システムとの連携が取れるということで導入してもコスト高になることがあります。両システムの親和性が低く仕様変更の工数が予想以上にかかったり、別途外注して調整が必要になることがあるので要注意です。

  • 拡張性がなく新しいシステムが追加できない

    店舗の業務は事業拡大とともに変化し管理内容も増える可能性があります。導入したシステムに拡張性が無いと、将来新しいシステムを追加することができなかったりシステム全体を入れ替えなければならなくなります。

店舗管理システム(商品管理、顧客管理、勤怠管理)
導入事例集

店舗管理システムを導入により、それまで抱えていた問題が改善された事例を紹介しています。代表的なケースをピックアップしていますので自社に当てはめて考えてみてください。

  • リアルタイムの在庫確認で棚卸スピードアップ

    既存システムの不備があった在庫数の確認が、リアルタイムにできるようになり棚卸作業がスピードアップしました。

  • 導入後にDM案内の回収率が60%に増えた

    どう来店してもらうかが課題でしたが、導入後は顧客絞り込みが可能になりDM案内の回収率が60%に増えました。

  • 集計作業が軽減してスタッフの意識も変化

    勤務データの手作業入力が非効率でしたが、導入後は集計作業が軽減してスタッフの意識改革にもなりました。

  • 手作業の在庫管理が自動化して売上もアップ

    在庫の手作業での管理が負担でしたが、新システムで自動化したので業務に余裕ができ売上もアップしました。

店舗管理のひけつ・早読み解説

売上・利益アップにつながる店舗管理を成功させるには市場の変化を上手に捉えて、できるだけ早く次の手を打つことが大切です。難しいことはなく日々の営業の中でわかる数字を利用するだけで実行できます。

なお店舗管理システムを利用することのメリットの一つには、以下の経営判断に必要な数値を容易にだすことが可能になるという点があげられます。

売上・利益アップにつながる店舗運営の数字

店舗運営のための顧客マネジメント戦略

用語集(EOS,SKU等の店舗管理関連)

店舗管理システムに関連する用語について解説しています。POS、EOS、SKUなど特に商品管理においてよく使用される専門用語を集めました。略語の意味なども考えながらしっかり理解しておくことをおすすめします。