店舗管理システム導入のすすめ » 店舗管理システム(商品管理、顧客管理、勤怠管理)導入事例集

店舗管理システム(商品管理、顧客管理、勤怠管理)導入事例集

ここでは商品管理、顧客管理、勤怠管理など店舗管理システムの導入効果と事例について紹介しています。

店舗管理システムの導入効果

店舗管理システムの代表的な機能として商品管理、顧客管理、勤怠管理がありますが、システムの導入によって実際にどのような効果があるのか事例をもとに説明します。

事例1 商品管理系

商品管理システムを導入効果として期待できるのは管理作業の効率化による生産性の向上です。また在庫管理などの正確性を高めることができ、作業の標準化によりベテランスタッフでないと作業が進まないといったことが無くなります。

【事例】

  • 既存のシステムに不備があって在庫データがリアルタイムに把握できませんでした。そこで在庫管理に重点を置いたシステムに入れ替えたところ、棚卸がスピードアップし、本部側で商品手配が可能になったため店舗側は販売業務に専念できるようになりました。
  • これまでは実店舗とネットショップの在庫がいっしょでスタッフがExcelを使って手作業で管理していたので非効率でした。店舗管理システムを導入してからは商品・在庫・受注データすべてを一元管理することができるようになり、売上も1.6倍に増加しました。

事例2 顧客管理系

顧客管理は営業支援ツール的な利用方法もできますが、顧客の基本情報に販売データなどを紐付けてマーケティング分析に活用すると効果抜群です。適切なアプローチにより顧客との関係が良好になり満足度を高めることもできます。

【事例】

  • 以前から顧客にいかに来店してもらうかが課題だったので顧客分析ができる店舗管理システムを導入しました。データが蓄積されていくと絞り込みもラクで、DM案内の回収率が60%になっただけでなく、逆に情報が欲しいという声までいただくようになりました。
  • 販売子会社6社を統合することになり顧客情報やポイントをどうやって1つにまとめるかが課題でした。そこで新しい顧客管理システムで基盤をしっかり構築した上で、顧客を中心にした一元管理ができる体制を組むことになり、サービスの充実が目指せるようになりました。

事例3 勤怠管理系

勤怠管理は直接売上に関わる部分ではないので軽視されがちですが、導入することによって管理業務の作業時間の短縮や人件費の削減が可能になります。手作業による管理に比べ計算ミスも無くなり不正打刻の防止にもつながりますので正確性も向上します。

【事例】

  • 従業員1,000名規模にも関わらずタイムカードと手作業で勤怠管理を行なっていたので非効率でスタッフの負担が大きくなっていました。システム導入後は管理部内で給与支払までほぼ全自動になったので利便性・効率性が格段にアップしてコスト削減ができました。
  • これまではタイムレコーダーのデータをほぼ手作業で給与ソフトに移していたので効率が悪くデータの突き合わせに管理部門総出で3日かけていました。システム導入後は2人でも2日で作業が終わり、店長が勤務状況を把握しやすくなり経営感覚が備わるようになりました。

店舗管理システム導入失敗事例

店舗管理システム導入の失敗原因の多くは、事前にシステムに求めることが整理されていないことによるものです。導入後に機能が足りないと気がついたり、既存システムとの連携ができないことを知らなかったなどです。こうしたミスは要件定義をしっかりすることで防げます。

【事例】

  • 店舗拡大に伴う管理業務負担軽減のために店舗管理システムを導入。成功したと思われましたが後から使用している会計ソフトと連携しないことが判明し、作業が二度手間になり逆に負担が増える結果になってしまいました。
  • 業界向けに特化した店舗管理システムだったので安心して導入したのですが、最も必要とされていたリアルタイムの在庫管理ができないことがわかり、100%の業務の効率化はできませんでした。
あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較
あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較