事例2 顧客管理系

ここでは顧客管理システムを導入してどのような変化や効果があったのか、店舗や企業の具体的事例を紹介しています。

手芸用品店Fのケース

当店では以前からお客様にどうやって来店していただくかというのが課題でした。しかしお客様の情報を掴みきれず、どうすべきか迷っている時に店舗管理システム導入の提案を受けました。

その中には顧客分析ができる管理機能が搭載されていたので、これが集客に使えるのではないかと考えたのです。

運用をスタートするとだんだんとデータが蓄積されていって顧客の絞り込みもできるようになりました。そこでいくつかの方法でDM案内をすると回収率が60%になりました。

それだけではありません。お客様の方からDMなどで情報が早く欲しいという声が上がってくるようになりました。DMが効果的に使えるようになったのは驚きです。

最近はこうした使い方の他に催事などでの出店の際にお客様がどの地域に多いかなど調査する際に活用しています。マーケティングが効率良くできるようになったのは大きな成果です。

ドラッグストアチェーンA社のケース

A社はドラッグ販売子会社6社を統合してブランド力と経営基盤を強化することになりました。課題はポイントカードと顧客情報をどうやって統合するかでした。

6社のうち5社が独自にポイントサービスを実施していて独自カードで管理していたからです。このままでは組織的に統合してもお客様側としてはバラバラにカードを持たなくてはいけません。

しかし、重要なことはポイント管理ではなく顧客をどのようにつなぎとめるかということに気がついたため顧客を中心に考えてあらゆるサービスを連携していくという考え方にシフトしました。

顧客台帳、顧客履歴管理などしっかりした顧客管理基盤を構築した上でポイントカードと顧客情報の統合を行い、今までと違った新しい顧客管理システムを導入することになりました。

新たにポイントも含めたクレジット決済機能付きカードも発行し、その結果として顧客の行動や体験などを素早く入手してすべてを一元管理できる体制が確立できました。

今後はそうしたデータを活用して顧客サービスの充実と売上拡大を目指していくつもりです。

あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較
あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較