事例1 商品管理系

ここでは商品管理システムを導入してどのような変化や効果があったのか、店舗や企業の具体的事例を紹介しています。

アパレル販売C社のケース

pos

我が社は子供から大人までを対象としたブランドで全国15店舗を展開していたのですが、既存システムに不備があり在庫や売上データがリアルタイムに把握ができずに困っていました。

システムを入れ替えるにあたり低費用なことも大切でしたが、業務のことをしっかり理解した上で問題解決の提案をしてくれた会社にお願いすることにしました。

これまでの失敗経験を生かし、とにかく在庫管理に重点を置き、積送在庫や取置在庫など細かく状況が把握できる機能を盛り込みました。

その結果、システム導入後は正確な在庫数がリアルタイムにわかるようになり、手間がかかっていた棚卸し作業がスピードアップすることができました

本部側で商品管理と手配ができるようになったので、これまで各店舗で行なっていた物流業務を本部に移管。そのおかげで店舗は販売業務に専念できるようになりました。

カジュアルファッション販売店Eのケース

メンズ中心のファッションと輸入商品で4つの実店舗の他にネットショップも6店舗運営しています。

これまでは実店舗とネットショップの在庫を分けずにお店のスタッフがエクセルの手作業で管理していたため負担が大きくなり業務に支障が出るようになっていました。

今後はネットショップに力を入れていきたいという希望もあったので、実店舗とネットショップの運営管理と卸業務をすべて管理できるシステムは必須でした。

ショップのリニューアルと同時に販売・在庫管理も含めた店舗管理システムを導入したのですが、希望通り複数の実店舗、ネットショップの商品・在庫・受注データを一元管理することができるようになりました。

在庫管理が自動化したおかげで売り越しが発生することが無くなり、商品データの登録も効率化できてミスが減り業務に余裕ができたのが良かったです。

システムを導入してから2年ほど経過しましたがショップリニューアルと在庫管理の効率化の相乗効果で売上は1.6倍に増加しました。

商品管理系におすすめの店舗管理システム

仕入れに売り上げ、または人材管理など、店舗管理には様々穴知識が必要になります。これらをすべて人力で行おうとすれば、時間ばかりがかかってしまうことにもなりかねません。

また人力だけに頼っていれば、どうしてもミスが出てしまうもの。そこで、機能に任せられるところはシステム化してしまうのが、管理を行う上では一番簡単な方法。

システム化する上で必須となる機能は以下の通りです。

  • 売上管理
  • 商品管理
  • 発注管理
  • 在庫管理

これらすべてが、店舗を運営していくうえで必須な機能。システム化することによって、売上情報を個別に管理したり、現場の状況を逐一チェックすることも可能となるのです。

では実際に店舗管理システムと導入する際、これらの機能を持ったおすすめの店舗管理システムはどれになるのでしょうか?ここからはおすすめの店舗管理システムを見ていきましょう。

スゴ腕

一番におすすめしたいのは、上記で紹介した店舗管理に必須なシステムが標準搭載されている「スゴ腕」です。

これらの他にも、勤怠管理や顧客情報の管理なども標準に含まれているので、店舗管理に必要な機能を標準内に収めることができるのです。

特に勤怠管理まで標準で含まれているシステムは少ないのが現状なので、よりシステマチックに店舗管理を行うことができるでしょう。

また、一般的なPOSシステムを導入しようと考えた際、初期費用がかさむ点が一番大きなネックだといえます。この弱点も、スゴ腕ならばクリアが可能。

スゴ腕は店舗管理はもちろん、POSシステムに至るまでがWEB上で完結しています。いわゆるクラウド方式なので、PCやタブレットなど、ブラウザが閲覧できる状態であれば簡単に導入することができるのです。

初期投資を最小限に抑えて、店舗管理全体を見渡せることができるシステムとなれば、便利さはなかなか類を見ないといえるでしょう。

アラジンオフィス

売上管理、受注管理、在庫管理など基本的な店舗管理機能を搭載したシステム。基本的な機能をコンパクトにまとめたシステムなので、扱いやすい点が大きな特徴といえるでしょう。

試験的に導入して、本格的にシステムによる管理をしようと考えた際には、イージーオーダーで不足分の機能を加えることも可能となっています。いきなり店舗管理システムにすべてを任せることに対して、不安感を持つような際にも対応しやすいシステムといえますね。

また、業界ごとに専属のサポートチームが存在しているので、助言を受けられる点も安心できる特徴の一ついえます。会計ソフトとの連携も可能なので、使いこなせるようになれば便利なシステムといえます。

ストロベリージャム

商品発注、在庫管理、売上分析など、アパレルに特化した店舗管理システムになります。

店舗管理の中でも、アパレルのように「色違い」「サイズ違い」等、少しの差異を管理しなければいけない店舗の管理にピッタリだといえるでしょう。細かな区分けができる点は、他のシステムにはない強みでもありますね。

顧客管理に関しても特化しており、顧客情報を入力することで、自動的にランク分けする機能も標準搭載。お得意様を見逃さない店舗管理が実現できます。

店舗に最適な管理システムを導入しよう

一言で店舗管理システムがおすすだといっても、上記までで紹介してきたように、システムト店舗の業界には相性があります。また、管理システムをどのように使いたいかによっても、選べるシステムは大きく変わってきます。

現在では店舗管理システムも豊富に出回っているので、自店舗に最適なシステムを選ぶのがとても大切なポイントだといえるでしょう。それぞれのシステムの強みがどこになるのか、しっかりと比較して自店舗の売り上げを上げていきましょう。

あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較
あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較