店長の手腕をはかる人件費効率性

ここでは人件費の効率性を知るための指標と生産性向上の方法について解説しています。

効率性の高い人件費を考える上で役立つ指標

小売業や飲食業などの店舗で検討しなければならない経費には様々ありますが、経営状態を左右するほど影響力があるのが人件費です。

人件費は家賃や光熱費などほとんど動きがない経費とは違い、スタッフの数や勤務シフトの調整次第で大きく変動します。逆に考えると経営サイドでコントロールしやすい経費と言っても良いでしょう。

人件費を考える上で是非押さえておきたいのが労働分配率、人時生産性、許容人件費という指標です。

労働分配率とは粗利益を生み出すために費やした人件費の割合のことで、以下の計算式によって算出することができます。

労働分配率=人件費÷粗利益×100(%)

人時生産性はスタッフ1人当たり1時間にどの程度の粗利益を生み出したのかを知るための指標で計算式は以下のようになります。

人時生産性(円)=粗利益÷延べ労働時間

なお人時生産性は店舗のオペレーション効率を表す数字と考えることもできます。

許容人件費は店舗が考える人件費の上限額のことを言い、以下の計算式によって導き出されます。

許容人件費=粗利益×労働分配率

粗利益は売上予測×粗利益率で算出することができますので、売上目標を立ててそのために費やす人件費の上限はここまでという数字を決めることができます。

人時生産性を上げるための時間の使い方

さて人件費を考える上では常に粗利益を頭に入れなければなりませんが、効率性をアップするためには人時生産性が最も重要になります。

粗利益を上げるためには売上アップか経費削減か、あるいは両方が必要になります。無闇に人件費を削るだけではかえって効率が悪くなり売上も落としかねません。

つまり許容人件費の範囲内でいかに効率よく粗利益が出せるかがポイントになります。儲かるお店と儲からないお店の差異はどこにあるかというと空き時間の使い方です。

接客がある店舗では忙しい時間帯と暇な時間帯が必ずあります。優れた経営者は暇な時間帯を使ってスタッフに倉庫を片付けさせたり必要な発注や品出し作業などを終わらせてしまいます。

逆に忙しい時間帯はスタッフ全員が接客に当たるなどして少しでも売上アップに貢献できるよう素早く体制を整えます。

このように少人数でも時間の使い方によっては商品ロスを無くし、不必要な残業時間を減らすことが可能です。一つ一つはわずかなことなのですが、積み重ねることによって人時生産性を上げることができるのです。

また繁忙期には人件費の安いアルバイトを雇うことがあると思いますが、お客様側としてはそのような違いはわかりません。

時には商品知識が求められる接客もあると思いますが、アルバイトでもその場で対応できるように売れ筋商品とおすすめ商品の情報とそれがなぜ売れているか、おすすめなのか理由も共有しておくと効率がよくなります。


このページは以下の書籍を参考にして書かれています。
書籍では具体例も豊富ですので是非あわせてご参考にしてください。
【売り上げを伸ばす・利益を出す やさしくわかる「お店の数字」著者:山田公一 日本実業出版社】


あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較
あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較