「もうけ」が思ったほど多くない理由

ここでは売上高とそれに対する粗利益や営業利益などの関係や違いについて説明しています。

商品を販売するために様々な費用がかかる

店舗を運営していると利益率の高い商売をしているはずなのに手元にお金が残らない、儲からないと感じることがあります。

そのような場合は細かく利益について分析し、本当に利益率が高いのかどうか見直してみることをおすすめします。

利益の中で最もわかりやすいのは粗利益です。売上高から売上原価を引いた残りが粗利益だからです。但し、売上原価と仕入額は同じものではないことは押さえておきましょう。

粗利益=売上高-売上原価

仕入れた商品が完売しない限り倉庫に商品は残るので、正確には売上高をつくるために使った商品分だけが売上原価となります。

さて、この粗利益だけを見て儲かっていると考えてしまうのは早計です。家賃や人件費、水道光熱費など店舗を運営するために様々な費用がかかるからです。いわゆる経費と呼ばれるものです。

こうした費用を販管費と言いますが、粗利益から販管費を引いたものが営業利益となります。

営業利益=(売上高-売上原価)-販管費

なお、他店舗展開していて各店を本部が管理しているような場合には、本部スタッフの人件費も販管費の中に入れることがあります。

本業以外で入ってくる収益とかかる費用

販管費まで考えれば利益を考えるのに充分と思うかもしれませんがまだあります。営業利益があるということは営業外で発生する収益や費用もあるということです。

銀行の受取利息や本業以外での不動産賃貸収入は営業外収益となりますし、逆に銀行から借入れをして支払う利息や有価証券売却損のようなものは営業外費用になります。

営業利益から営業外収益を足して営業外費用を引いたものを経常利益と言います。銀行借入れが多額になると支払利息もばかになりませんから商品が売れていても経常利益は低くなります。

さらにこの経常利益に災害などが発生してかかる特別損失や資産売却などで得た利益などを反映させたものが税引き前利益。税金を支払って最終的に残る利益が当期純利益となります。

こうして考えると商品が売れているのになかなか儲からないというのも理解できるのではないでしょうか。日々の販売活動から感覚的に判断するのではなく、常に数字を注視する習慣を身につけておくとよいでしょう。


このページは以下の書籍を参考にして書かれています。
書籍では具体例も豊富ですので是非あわせてご参考にしてください。
【売り上げを伸ばす・利益を出す やさしくわかる「お店の数字」著者:山田公一 日本実業出版社】


あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較
あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較