レジのデータは宝の山

ここではレジから取得できるデータが市場ニーズを把握するためのヒントになることを解説しています。

売上集計データから市場ニーズを読み解く

最近のレジの性能向上には目覚ましいものがあります。POSレジに至ってはインターネットに接続してサーバー上に販売情報を蓄積するだけでなく、顧客管理や在庫管理システムと連動させることも可能です。

またスタンドアローン型で売上集計がメインのレジの場合でも様々なデータが取得できるようになっています。難しい分析手法を知らないという場合でも簡単に市場ニーズを掴むことができるのです。

注目すべき数字は売上合計額、買上点数、買上客数の3つのみです。売上合計額は1日にどれだけ売上があったかという数字です。買上点数は1日で売れた商品の数で、買上客数は1日のお客様の数です。

この3つの数字を毎日確認するだけでお店が市場ニーズに合った商品を提供しているかどうかがざっくりとわかります。

これらの数字が上昇傾向であればニーズにマッチしており下降傾向であればニーズと合っていないことになります。お客様の期待通りのサービス・商品を提供していればリピーターが増え、逆なら客足が遠のくからです。

売れ筋・死に筋商品の傾向を数字で掴む

自分のお店が市場ニーズに合っていないとわかった場合は、その理由を明らかにする必要があります。アンケート用紙を配布して直接声を聞くことも重要ですが、100%回答を得ることは難しいでしょう。

それを解決するために役立つ数字が商品別売上データです。商品をどのようにグループ分けするかが重要になりますが、商品別売上に注目すると売れ筋商品、死に筋商品の傾向がわかります。

例えば下着というグループの中でも売れている価格帯やどんなメーカー、ブランドのものが人気があるのか、どのようなデザインのものが好まれるかなどを数字で判断できるのです。

こうした数字の変化は市場ニーズの変化を反映するものです。日々の売上・利益の数字に一喜一憂するだけでなく、積極的に活用し販売戦略を立てることが大切です。


このページは以下の書籍を参考にして書かれています。
書籍では具体例も豊富ですので是非あわせてご参考にしてください。
【売り上げを伸ばす・利益を出す やさしくわかる「お店の数字」著者:山田公一 日本実業出版社】


あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較
あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較