店舗管理システム導入のすすめ » 業務効率化&売上アップ!店舗管理システムとは » 店舗管理システムでできること4 [勤怠管理]

店舗管理システムでできること4 [勤怠管理]

ここでは店舗を運営をする上で勤怠管理・シフト管理の重要性について解説しています。

本当に必要?勤怠管理システムの導入

店舗管理システムの機能の中にある勤怠管理の必要性についてはあまりピンとこないという方も多いのではないでしょうか。

直接売上や利益を生む部分ではないので費用をかけてまで導入する必要があるのかと疑問を持つ経営者もいるでしょう。

ではシステム化されていない勤怠管理はどのように行われるかというとタイムカードに打刻された数値をもとにExcelなどを使って手作業で集計しています。

月に1回で済むと言っても担当者が丸一日集計作業を行うとなれば相当の人件費がかかります。

これが勤務時間9時~17時の一般的な会社ならそれほどでもないですが、飲食やアパレルなどの店舗で営業時間が長く、アルバイト率が高い職場ではシフト管理や深夜労働など計算が複雑になり集計に時間を要します。

最近では労働環境に対する世間からの監視の目も厳しくなっていますので、計算ミスなどをしてトラブルになると会社の信用やイメージダウンにつながるリスクもあります。

このように勤怠管理システム導入は費用対効果が見えづらいというのも一理ありますが、現在では避けては通れない重要な検討課題となっているのです。

勤怠管理システム化によるメリットとは

すでに説明したことと重なる部分もありますが、勤怠管理システムを導入するメリットを改めて整理してみましょう。

作業時間・人件費の削減

タイムカードを集めて月1回手作業で集計するのは時間がかかる上に、担当者が1~2日かけて行うとすれば人件費がかかります。

勤怠管理システムを導入すると勤務状況がリアルタイムで把握できるようになり担当者が毎月集計作業を行わなくて済むようになり、人件費の削減と余った分の労働力を別の業務に充てることができます。

正確な勤怠管理ができる

手作業による集計作業より計算ミスが少なくなるということもありますが、システム化すると指紋認証やICカードによる管理が可能になりタイムカードの代行打刻などの不正を防止して正確性が向上します。

また最近ではスマホと連携できる勤怠管理システムもあり、これを利用すると外出先のどこからでも打刻することが可能でGPSによる場所の確認も容易です。

あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較
あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較