店舗管理システム導入のすすめ » 業務効率化&売上アップ!店舗管理システムとは » 店舗管理システムでできること1 [商品管理]

店舗管理システムでできること1 [商品管理]

ここでは店舗管理システム導入による商品管理作業の効率化や正確性の向上について解説しています。

商品管理システムの重要性について

店舗管理システムを構成する重要な機能の一つに商品管理があります。商品管理とは商品の仕入れや在庫から納品・陳列までを管理するものです。

商品管理は店舗や企業が売上・利益を上げていくために欠かせない役割を担っています。

商品管理がしっかりしていないと売れない商品を大量に抱えてしまったり、売れている商品が在庫切れを起こし経営を圧迫してしまうからです。

商品管理に関しては他の分野に比べるとシステム化が進んでないケースが多く見受けられます。

これは商品管理を行なっていないわけではなくExcelなどを使って間に合わせていることがあるからです。

しかしExcelでは商品数が多くなれば管理にも限界がきますし、多店舗展開している場合は管理が複雑になり、販売管理等の他のシステムとの連携が難しくなります。

日々変化する商品の販売動向に合わせてスピーディで的確な商品管理ができないとキャッシュフローが鈍化したり、機会損失を生むことが多くなるため店舗管理システムおける商品管理機能は必須と言えるでしょう。

商品管理システム導入のメリット

商品管理システムを導入することは経営レベルだけではなく現場サイドでもメリットがあります。

商品管理作業を効率化できる

最初に挙げられるのが商品管理作業の効率化です。例えば棚卸しというと商品を数えて管理表に記入していく地道な作業をイメージするかもしれませんが、システム化するとバーコードを読み取るだけで完了してしまいます。

バーコードリーダーは以前は専用機器を揃えないと難しかったのですが、現在はモバイルデバイスの機能向上により必ずしも大規模な機器を必要としません。

正確性が高まり属人化防止になる

もう1点は商品管理をシステム化することで正確性が高まるだけでなく作業の標準化ができることです。管理を熟知しているスタッフがいないと作業が進まないといった属人化防止にもつながります。

このように商品管理作業が効率化されると人件費削減にもなりますので、システム導入によるコストの上昇よりもプラスに働く部分のほうが大きいと考えられます。

携帯電話に配信する商品割引クーポンと店舗管理システムの関係

スマートフォンが普及している現在、毎日のように商品割引クーポンが送られてくる、という人も多いですよね。

では、この携帯電話に配信しているクーポンは、店舗管理システムと何か関係があるのでしょうか?

顧客管理システムを利用して携帯クーポン配信ができる

店舗管理システムの機能の一つに、顧客管理があります。

この機能によって店舗側は顧客情報を管理し、来店履歴、購入履歴、注文履歴などを見ることができ、メールの一斉配信や携帯クーポンの配信などを行うことも可能です。

携帯クーポンは、店舗管理システム内でクーポンのテンプレートを作成し、各顧客に合わせて微調整を行なった上で配信します。

携帯クーポンと紙媒体のクーポンの違いとは

携帯クーポンが普及する以前は、チラシクーポンなど紙媒体のものがほとんどでしたが、なぜ携帯クーポンが利用されるようになったのか、両者の違いも知っておきましょう。

紙媒体のクーポンは「一方通行」になりがち

紙媒体のクーポンは文字通り「紙」で手渡し、もしくはポストに入れる形になります。

店舗側で「いつ、どこで、どんな人にクーポンを渡したか」といった情報を記録することは難しいでしょう。そのため、「どんな層の顧客が実際にクーポンを使用したのか」を知ることも難しいといえます。情報を残すことができるとしても、せいぜい手書きでクーポンに名前を書いてもらうことくらいですし、回転率を求められる店舗では現実的ではありません。

そのため、紙媒体のクーポンは情報を解析するツールとしては向いていないのです。

携帯クーポンなら顧客情報にプラスできる

チラシクーポンは一方通行の状態になってしまいがちですが、携帯クーポンは店舗管理システムを経由して配信できます。当然、情報はシステム内に記録されていきます。

  • 店舗側がいつ、誰に、どんなクーポンを送信したか
  • 顧客がいつ、どんなクーポンを利用したか

こういった情報を収集することで、今後に活かすこともできるわけです。顧客の購入履歴や注文履歴などを元にクーポンを配信でき、キャンペーンを行う際などは、条件に合った顧客のみにクーポンを配信することもできます。これにより、顧客の満足度の上昇や再来店に繋がり、結果的に売上アップの効果に期待できるのです。

携帯クーポンでコストダウンも計れる

携帯クーポンは、顧客管理の面だけではなく、コスト面でも大きなメリットがあります。チラシクーポンの場合、広告に付属していることが多く、クーポン部分だけを配布するというケースはほとんどありません。そのため、チラシをデザインする人件費や印刷する手間、コストなどがかかります。

一方、携帯クーポンであれば店舗管理システムでテンプレートから簡単に作成でき、印刷コストもかかりません。一度に複数の顧客にクーポンを配信できる上、自動配信も可能です。

今後携帯クーポンの需要はさらに高まると予想される

携帯クーポンの需要と供給は高まっており、特に10代や20代などの若い世代は、携帯クーポンの利用率が非常に高いといわれています。今後携帯クーポンを利用する人は増え続け、反対に紙媒体のクーポンは減少していくことでしょう。店舗経営では、時代の流れに乗ることも大切かもしれません。

あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較
あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較