店舗管理システム導入のすすめ » 業務効率化&売上アップ!店舗管理システムとは » 店舗管理システムでできること2 [POSシステム]

店舗管理システムでできること2 [POSシステム]

ここでは、POSシステムとは何かを紹介。また、システムの仕組みや種類、種類ごとの機能について掲載しています。

目次

こちらのページではそもそもPOSシステムとはなにかと、おすすめのPOS昨日のある店舗管理システムについて解説しています。

POSシステムとは

POSシステム

POSシステムとは物品の売上実績を単品単位で集計し、集計結果にもとづいて売上や在庫を管理・分析するシステムです

POSは販売時点情報管理(Point of sale)の略称で、元々「商取引がおこなわれる場所」という意味の言葉。現在はPOSシステムやPOSシステムに必要な周辺機器を指すようです。POSシステム以外にも、パソコンPOSやPOSレジスタ、POSレジやPOSと呼ばれることがあります。

物品の売上実績を単品単位で集計する際に、商品名や価格、数量や日時などの販売実績情報を収集。「いつ・どの商品が・いくらで・いくつ売れたか」を経営者が把握しやすく、売れ行きの動向をチェックすることができます。

また、購買商品と購入者の年齢層、性別、当日の天気データも収集可能。また、予算管理や在庫管理のシステム、オーダーシステムなど、お店の全てを連携させることで情報を一元管理できるのです。

導入している店舗も多く、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアやアパレルショップ、各種専門店や外食産業、ガソリンスタンドやホテルなど、幅広く利用されています。近年はより簡易的に使用できるPOSシステムも登場。一般商店でも普及しています。

POSシステムの仕組み

POSシステムは回線を通じてサーバと通信し、データをやりとりすることでシステムを実現しています

手順はまず、バーコードの読み取り。バーコードはJANコードと呼ばれる日本で使用される13桁や8桁のもの使用しています。読み取った情報はサーバへ送信。バーコード番号と一致する商品の価格情報などを端末へ返送することで、価格表示やレシート発行がレジで可能になるのです。

サーバにはあらかじめ商品の在庫数を登録。商品を販売するたびにレジからサーバへ「販売した」という情報を送信します。そのような情報を記録することでどれだけ売れたかを管理。商品が売れた数と在庫の数をチェックすれば、補充すべきかどうか判断することができるのです。

また、蓄積されたデータを本部へ送信することも可能。本部は各店舗の蓄積されたデータを商品開発に活用できるのです。

POSシステムの種類とそれぞれの機能

それでは、売上や在庫の管理分析を簡単にしてくれるPOSシステムにはどのような種類があるのでしょうか?ここでは、POSシステムの種類とそれぞれの機能について紹介します。

ターミナルPOSシステム

コンビニやスーパーマーケットなどで使用されることが多いターミナルPOS。POSシステムのなかでも1番多く導入されているシステムです。商品が置けるカウンターと一体の大型端末を使用するシステムもあれば、小さなテーブルやデスクに置けるような小型端末を使用するシステムもあります。

ターミナルPOSは専用機だけあってオプションが充実。クレジットカード払いやポイント払い、非接触ICカード払いといった決済システムを搭載可能です。また、決済システムとの連携機能や自動釣り銭機能が付属する場合もあります。

特にハンディ型のPOSシステム端末は持ち運びが便利。店内の席で注文時や宅配便の集荷時などで重宝します。バッテリーが内蔵されているので長時間使用が可能です。

ただ、端末の価格が高いことが多く、安くても一台50万円程度。老朽化による端末交換も数年おきに発生するため、予め費用がかかることを見込んでおく必要があります。そのため、ターミナルPOSはたくさんの店舗数を抱える大規模なチェーンストアで使用するのが適していると言えるでしょう。

パソコン型POSシステム

WindowsやMacなど、一般的なパソコンにPOSシステムをインストールし、周辺機器をPOS端末として使うタイプのシステムです。

パソコン型のPOSシステムの特徴は、POSシステム以外の作業にも使用できること。一般的なオフィスワークでの利用や店舗と本部間でのメール使用、店員の教育に使用するなど、様々な用途に活用できます。また、その他各種グループウェアを利用することも可能。本社と店舗とのやりとりがスムーズになり、スピーディーな情報共有が可能です。

使用する際、操作は一般的なOSのパソコンなので問題ありませんが、レジソフトは基本的に各社独自のもの。そのため、スタッフが使用する際、簡単なレクチャーが必要になります。

設置スペースはデスクトップPCよりも少し大きい程度なので、大きな店舗でなくても簡単に設置が可能。初期費用もPC代とインストール代のみです。店内ではハンディ型端末を使い、事務所ではPC型の端末からデータを集計・分析するという使い方ができます。

ハンディ型POSシステム

小さくて持ち運びに適している端末を使用したハンディ型POSシステム。端末から直接情報をデータベースに登録できるので、様々な場所で使用することができます。

例えば、小売店では発注作業の際に売り場をあちこち移動するため、携帯性に優れるハンディ型POSシステムが便利。

また、導入コストが比較的安価で付属のバッテリーが長時間持つため、移動が多い宅急便などの業種でも利用可能です。メインバッテリが単3電池などに対応している製品もあるため、万が一切れても、コンビニなどで購入することができます。モバイルプリンタなどと併用して利用すれば、レシートの発行も可能。個人商店や小規模店舗、出張販売を行う催事などでも活躍できます。

飲食店の注文受付やスーパーなどの商品入出庫や在庫管理といった用途にもマッチ。スペースが確保できない店舗でPOSレジとして導入するのも良いでしょう。

タブレット型POSシステム

タブレットやスマートフォンをPOS端末として使用するタイプのPOSシステム。スマートデバイス型POSシステムと呼ばれることもあります。ipadにPOSシステム用のアプリケーションをインストールして注文や会計の出来る端末として使用。ipadが主流ではありますが、Android対応のサービスもあるので、場合によっては、AndroidのPOSシステムを利用しても良いでしょう。

クラウドを活用することでデータはインターネット経由で格納。タブレットやスマートフォンを用意するだけでPOSシステムが使用できます。専用のPOSシステムと比べて導入コストが低く、中小企業で導入されるケースが多いタブレット型POSシステムです。個人商店や比較的小規模な小売店のレジ、飲食店の注文受付にピッタリと言えるでしょう。

タブレットやスマートフォンを使用するので、実際に使うスタッフにとっても操作がわかりやすいのがメリット。一方、タブレット型POSシステムは特に会計業務に特化していることが多いため、既存の基幹システムとの連携が困難であったり、在庫情報や顧客情報との統合が難しかったりするようです。

POSシステムの導入メリット

POSシステムの導入メリット

POSシステムにある様々なメリット。データを収集し、マーケティング分析に役立てたり、業務の効率化に役立てたり、売上データを一元管理したりすることができるようになります。

業務の効率化

POSシステムを導入するとレジ会計業務や在庫管理が効率化されます。バーコードを読み取り会計するので、レジに手入力で金額を打つのと比べ、POSシステムは圧倒的に作業時間が短いのが特徴。

手順はまず、商品のバーコードを読み取った後に、小計するキーを押して表示された金額をお客様に伝えます。次に預かった金額を打ち込んでキーを押すとお釣りの金額を表示。その後、お釣りとレシートを渡すだけで良いので、お客様をお待たせする時間を減らすことができます。

また、人為的なミスも削減。自動釣銭機と連携すれば、お釣り計算の時間を短縮するだけでなく、お釣りの渡し間違い防止や会計ミスを減らすことができます。営業終わりのレジ閉めでも、レジ金を合わせるだけで良いので時間がかかりません。

データ収集・マーケティング分析

POSシステムを導入すれば、データ収集やマーケティング分析ができるようになります。いつ、どの商品が、どのくらい購入されたかをリアルタイムで収集。クラウド上で販売データを集計できるので、顧客情報や商品ごとの売り上げ傾向をいつでも確認することができます

また、在庫管理機能との連携が可能。今売るべき商品情報を瞬時にスタッフ間で共有できます。過去の売上データが記録されているので、売れ筋商品を把握し、売上アップに役立てることもできるでしょう。

POSシステムは分析機能も充実。ABC分析による在庫調整や商品の販売促進、RFM分析やCPM分析による顧客の囲い込み施策などが搭載されています。収集したCRM情報をもとに購入されやすい商品をシステムが分析。顧客管理機能を利用し、DM発行やポイント管理を行えば、優良顧客へ優先的にプロモーションを行うこともできます。

売上データの一元管理

POSシステムを導入すれば、複数店舗の売上や在庫状況を一元管理できます。各店舗の日報作成を待たずに、本部でリアルタイムに売上集計の確認が可能。多店舗経営の一元管理に役立ちます。

以前の多店舗経営では、各店舗の手作業による日報作成や売上集計、FAXによる本部への報告が一般的。しかし、POSシステムの導入で正確な情報を素早く把握できるようになりました。また、店舗スタッフや本部の手間も自動化によって削減。管理コストを減らすことができます。

また、店舗にいなくても在庫状況の把握が可能。そのため、本部から各店舗の在庫を把握が容易です。定番商品や売れ筋商品などの品切れによる販売期間損失を減らしたり、在庫に早く対応したりして、経営成績を向上させましょう。

POSシステムが使用できる店舗管理システム

スゴ腕

POSシステム

インストール不要のWEBタイプとネット環境がない場合のスタンドアローンタイプの2種類で時間帯別や担当者別の集計にも対応。細かい集計で販売戦略に活かすことができます。

オプションでポイントシステムの導入やクレジットカード、電子マネーなどの支払い方法を追加することができ、これらの決済方法別で集計をすることも可能です。どの支払い方法の顧客がどのような商品を購入しているのか、統計を確認し販売戦略に活かすことができます。

スゴ腕を提供している株式会社日本データコムでは、ポイントカードシステムの他にも商品管理、顧客管理、勤怠管理システムなどを提供しており、これらすべてのサービスと連動させることが可能です。

TRUE TWINSHOP

アイコンが大きく操作が簡単。画像をつけたレシート状の割引券なども端末から発行することができるので顧客へのプロモーションの手助けとなります。また発行されるレシートには購入情報のバーコードが記載されており、返品や取り消し対応も簡単です。

レジ操作画面はカラーバリエーションが複数用意されており、秋冬は寒色系、春夏は暖色系などと季節によって変えることも可能。季節物の商品を扱っている店舗では、売り場づくりや顧客への販売接客時のアプローチなど、従業員に季節感をもってもらうということは重要なポイントです。

基本機能として自動免税販売機能がついており、電子マネーやクレジットカードの決済方法などもオプションで対応しています。

BCPOS

WindowsのアプリケーションソフトとしてPOSが利用でき、飲食店の端末に対応しているほか、ECサイトと実店舗の在庫管理を連動させることができるので、様々な販売経路でアプローチをするオムニチャネル戦略にも活用できます。複数税率や売上データのCSVダウンロードや自動釣銭機にも対応。

基本のメニューで免税の貼付レシート発行にも対応しているので、記入の手続きにてレジでお客様を待たせる時間もなくなります。またクレジットカード決済も対応しており、そのなかには中国でもっとも利用されている銀聯カードもあるので、加盟店契約をしていればオプションを使わずに中国人観光客への対応ができます。

テンポバイザー

パソコンにインストールさせるタイプとブラウザ上で動かすPOSシステムの2種類があります。基本機能として免税販売での対象やポイント管理が利用でき、オプションとしてECサイトとも在庫の連動や本部管理システムとの連動、様々な決済方法へ対応でき、本部管理システムと連携させると、集計されたデータを店舗のパソコンだけではなくスマートフォンやタブレットでも確認することも可能。

ファッションマネージャーワールドワイド

パソコンで使用するタイプとiPad用のアプリの2種類があり、アパレルに特化したPOSシステムとなっています。本部と店舗、倉庫などの情報がリアルタイムで共有できます。

WEBPOS

書店に特化したWEB上のPOSシステムで、基本の販売業務を対応する基本プランと、発注や返品などの業務を加えるプランの2種類があります。システムはカスタマイズを依頼することが可能なので、書店以外の店舗でも使用することができるシステムです。またオプションを加えて会員ポイントの管理を導入できます。

monopos

アパレルに特化しているPOSシステムで、iPhoneやiPadにインストールしバーコードリーダーで読み取ることでレジとして利用できます。顧客情報もQRコードで読み込むことで管理することができ、クレジットカード決済機能も対応しています。

業種に合わせて必要な機能が付いたposシステムを導入しよう

商品やサービスをお客様に提供し、提供した分の見返りとして料金を受け取る会計には、現在レジの活用は不可欠となっています。

さらにPOS機能があるレジを利用すると会計だけでなく、時間ごとの客数や客層、どんな商品が購入されているかなどさまざまな情報を入手することができ、店舗管理に役立てることができます。

POSレジには業種別に必要な機能が付いたものを選ぶとさらに効率化がアップします。

一般的な小売店向けには単品管理ができるため商品ごとの販売状況を把握できたり、ドラッグストア向けのPOSを利用したりするとセルフメディケーション税制に対応も可能です。

導入をするときには、POSレジならばなんでもよいではなく、業種に合った機能に注目をしてみましょう。

①パン屋やケーキ屋さんで活用できるposシステムの商品管理機能

パン屋さんやケーキ屋さんで多いレジが昔からのレジスターと呼ばれる会計機械を利用していることが多いです。レジスターは部門や単価を押してから売り上げを押して会計をするシステムです。

レジスターから出力されるレシートには「パン部門01」や「ケーキ2」といった商品名が記載されていないため、購入したお客様だけでなく販売側もどのような商品だったかレシートからは判断が困難です。

POSシステムを導入すると、レシートに商品名が記載されるため、スタッフだけでなくお客様にも商品名を覚えていただくことができ、次回来店いただいたときに気にいただいた商品があったら店内ですぐに見つけてもらうことができます。

POSシステムでどの商品がどれだけ売れたかという商品管理をすることができるため前日から仕込みをすることができ、売れ行きがよかった商品を積極的に仕込みをすることも可能になります。

前日からの仕込みによって多めに作っておくことも可能になるため機会損失を防ぐこともでき、少なめに作ることによって廃棄を減らすこと可能です。

さらに最近は商品を乗せたトレイをPOSレジに置くだけで会計をしてくれる機能まで登場しています。パンを覚える手間を省くことができるため、入ったばかりの新人さんでも会計をスムーズに行うことができます。

②理容室や美容室で活用できるposシステムの予約管理機能

理容室や美容室では、POSシステムを導入するとお客様の管理がしやすくなります。注目の機能が予約機能です。お客様の予約状況がわかりやすくなり、お客様の予約が集中しやすい土日・祝日にも管理がしやすい便利な機能です。

お客様から予約時間を変更の連絡がきても、管理機能があれば空き時間もすぐに確認することができるためスムーズな変更が可能になり、ダブルブッキングを防ぐことも容易になります。

美容院だけでなく、最近は理容室も予約制となっています。理容室を利用するかたの多くが混雑時に長時間待ち時間があると途中で帰ってしまうという傾向があるからです。

予約管理を行うことによってお客様を来店時のお待たせする時間を短縮することができます。顧客情報管理にも役立ちます。特に美容室でははじめての利用時アンケートを記載する店舗が多く、アンケートの情報や施術内容や施術中の会話などを管理しておくとスタッフ全員で情報の共有をすることができます。

次回いらしたときにお客様にサービスすることができますし、来店予定の予測も可能になります。担当別の売上管理やどの曜日や天候によって来店されたお客様の人数が多かったかどをデータ化することができ、スタッフの配置にも役立てることが可能です。

③アパレルやファッション販売店で活用できるposシステムの勤怠管理機能

ショップには多くのスタッフがいますし、ショップによってはアルバイトや派遣といった人員のスポット利用をしている忙しいお店もあります。

スタッフの入れ替わりが多い業界ではPOSの勤怠管理の利用がおすすめです。タイムカードだけではなく、特には紙で作ったシフトを使っているショップはまだまだ多く、スタッフの人数が多いほど管理が難しくなります。

タイムカードとExcel管理で勤怠管理をしているショップでは、タイムカードの打ち忘れをしておおよその時間での勤怠管理になってしまったり、勤怠集計では人員が多いショップほど集計に時間がかかってしまったりします。

集計作業を行っているスタッフをそのぶん販売スタッフとして加えることも可能になるため。結果人件費削減も可能になります。

近年勤怠管理は大変厳しく注目されており、シフト管理や時間外労働など計算ミスからトラブルや指摘されてしまう事態にも発展してしまいます。

勤怠管理をシステム化することによって、人的ミスを極力抑えることができ、タイムカードを代わりに他スタッフに押してもらうという不正も防止することができます。

POSシステムでは販売管理も行うことができるため、忙しい日時にスタッフを増員したりときには派遣のスポット利用の予測もしやすくなります。

posシステムではスマートフォンを使うこともできて便利

スマートフォンやタブレットをPOSレジ替わりに利用することができますが、メリットはスペースの有効活用です。POSレジは以前と比べるとスマートになりましたがまだまだ大きな機械です。

スマートフォンやタブレットは小ささや厚さからレジを置くよりもスペースの有効活用が可能になります。レジ前のスペースをスッキリさせたり、商品を置いたりと販売に繋げ売上にアップを期待することも可能です。

スマートフォンは小型なので持ち運びがしやすい

若いかたからご年配のかたまで、ユーザーが増加しているスマートフォンはポケットやポーチに入れて運ぶことができます。

スマートフォンをショップのPOSレジの端末といて導入すると、接客しながらその場で在庫管理や会計もすることができます。POSレジが不要になり、プリンタやドロアーの置くスペースを選ぶことが可能です。

スマートフォンを持っているスタッフ全員がレジを所有していることと同じになるため、レジを増大したようになるためスピーディな会計が可能になりお客様をお待たせする時間を大幅に短縮することがきます。

わざわざお客様にレジに並んでいただくのではなく、スタッフがその場で会計手続きを行って、プリンタやドロアーまでいけば処理は完了です。

店内にソファーなど置きお客様にお待ちいただくスペースを用意しておけば、座っていただきながら会計処理をお待ちいただくことも可能になります。イベントや繁忙期にレジを増やしたいときにも、一時的に増大することが容易になります。

スマートフォンなら片手で操作することができてスピーディ

スマートフォンは片手で使いやすいサイズと大画面サイズがありますが、POSレジの利用では持ち運びが簡単にでき、片手で操作することができるサイズがおすすめです。

ガラケーでの操作はボタンを押しながら数字を入力していましたが、スマートフォンではフリック操作をすることができます。

数字の入力もワンタッチでできる点はガラケーでも同じですが、バーコードリーダーを立ち上げるときにも片手で操作することができるため在庫検索も片手ですることができます。

お客様のお荷物を持ちながら接客しているときにも片手で検索することができるため、そのまま荷物を置き場所を探すという手間なく、接客しながら在庫確認が可能です。

飲食店では、注文から会計までをスマートフォンで完結することができ、食器などを置くことなく持ちながらオーダーに繋げることも可能になります。

メニューの提供数を登録しておくと、残りどれぐらいのオーダーが可能なのかを画面をみればすぐにチェックできますし、売り切れにも手動で対応できるためリアルタイムでオーダー不可にすることができます。

スマートフォンでもクレジットカード決済が可能

クレジットカード決済の導入には費用がかかるというイメージがありますが、費用を極力抑えたいというときにはスマートフォンを使ったサービスがおすすめです。

手数料が大変安く、導入が簡単、さらに導入費用もキャンペーンを利用すると実質無料になることが多いです。異なるメーカーのスマートフォンでも専用カードリーダーを装着するだけで決済が可能になります。

必要なものは通信可能なスマートフォンと専用カードリーダー、レシート用のプリンタです。プリンタは3~5万円と初期費用がかかってしまいます。

お客様によってはレシート不要というかたも多いため領収書対応も可能ですが、できれば設置しておくといざレシートが必要というときにもスムーズな対応が可能です。

レシート内容は、お客様のメールアドレスに送信することできるため、メールアドレスでの内容添付も選択が可能となります。

スマートフォンを使ったクレジットカード決済は複数の企業が参入しています。それぞれの特徴などをチェックしてから導入を検討してみましょう。

複数の店舗管理の効率を上げるならタブレットPOSレジがおすすめ

今、タブレットPOSレジを導入している店舗が多いのはご存知でしょうか。通常店舗では毎日の売り上げの管理を行いますが、会計や売り上げ分析を出すのは正直大変というお店が多いでしょう。

特に複数の店舗を管理している場合、それぞれの店舗の会計や売り上げ状況を分析するのは大変ですが、その煩わしい作業を簡単にしてくれるのが、今話題のタブレットPOSレジなのです。レジ絞めや在庫管理も簡単で、空いた時間にほかの作業もできることからお店の作業効率も格段にアップすると話題です。

タブレットPOSレジの特徴&メリット

タブレットPOSレジならレジ機能が0円、時間ごとで売り上げがグラフとして表示されるので、どの時間にどれくらいの売り上げがあったのか、瞬時に判断することが出来ます。

操作も非常に簡単で、難しいトレーニングをする必要はありません。野外でも屋内でも使用でき、その場でお会計をすることもできるうえにカード決済まですることまで可能です。

レシートはEメールもしくはテキストメッセージで送信か紙にするかの3つの方法で選択できる為、お財布にレシートがたまる必要もありません。

【1】コンパクト性

店舗管理されている固定レジは、大きいうえに重く、移動するときも大変です。ところがこのタブレットPOSレジは重量が普通のタブレットと同じで、非常にコンパクト。持ち運びもできるのでいつでもどこでもその場でお会計をすることが出来ます。もちろんカバンに入れてもかさばらないほど軽くコンパクトなのも魅力的です。

【2】コストの低減化

実はこのタブレットPOSレジ、0円で簡単に使用できるPOSレジアプリなのです。かかる費用といえばインターネット環境にするための接続費用、スマートフォンやタブレットの購入費用のみです。なので、わざわざ重くて大きなレジスターを購入する必要はなく、このタブレットPOSレジを使用することで必要なコストを低減化することが出来ます。

【3】扱いやすさ

通常店舗のレジはなれるためにトレーニングを必要とします。操作するボタンも多く、初心者には扱いにくいこともあります。しかしPOSレジにすれば難しい訓練はほとんど必要ありません。画面も大きく見やすく、操作方法もタブレットに沿って操作をするだけなので、だれでも簡単で分かりやすく、トレーニングにかける時間を短縮することが出来ます。

【4】機能の豊富さ

タブレットPOSレジはレジ機能だけではありません。いつでもどこでも気になった時に売り上げ状況を確認でき、在庫管理や顧客管理、クレジットカード決済に社員の出退勤の状況把握、データはすべてクラウドサーバーへ保存されます。キャッシュドロワーやカスタマーディスプレイにバーコードリーダーなどの周辺機器と合わせることでもっと便利に使うことが出来ます。

タブレットPOSレジを選ぶときのポイント

タブレットPOSレジを選ぶとき、4つのポイントを抑えましょう。まず1つ目は周辺機器との連携です。タブレットPOSには必要に応じて様々な周辺機器と連携することが出来ます。飲食店なら会計をよりスムーズにするためにオーダーを受けるハンディと連携機能が付いたPOSレジがいいでしょう。スーパーならバーコードリーダーやクレジット決済機能、キャッシュドロアーやレシートを印刷するプリンターが必要になります。

2つ目はほかのシステムとの連携です。タブレットPOSはほかのシステムと連携することで様々な機能を追加できます。予約台帳システムと連携することで集客率や販売促進につなげることも可能です。会計システムを導入することで売り上げの管理も行えます。必要に応じて様々な機能と連携できるところもタブレットPOSレジの魅力です。

3つ目はコストです。タブレットPOSレジは専用のアプリをダウンロードして使用します。無料で使用できるものもありますが、機能が限定されてしまいます。月額いくらか払うことで、周辺機器との連携が可能となりますが、周辺機器の購入費用、有料プランの会社によってバラバラです。なので、自分にあった無駄のないプランを選ぶことでコストを最小限に抑えることができるのです。

4つ目は導入した後のサポート体制です。従来のレジでもタブレットPOSレジでも使うと何らかのトラブルは出てきます。こういったトラブルに24時間365日手厚くサポートしてくれる会社を選ぶと安心です。

タブレットPOSレジの人気システム3選

タブレットPOSレジはどれも同じでしょうと安易に考えている人もいますが、システムによってサービス内容も異なります。サービスだけではなく月額料金からトラブルが発生した際のサポート内容まで全くことなるので、タブレットPOSレジを導入する際は、このシステムをしっかり把握する必要があります。

しかし、タブレットPOSレジを調べてもインターネット上ではたくさんのシステムがあり、どれを選んでいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。そんな方の為に今最も人気のあるタブレットPOSレジ3つをご紹介します。

【1】AirREGIの特徴

利用店舗数ナンバーワンを獲得、0円で簡単に使えるPOSレジアプリとして知られているAirREGI。会計や売り上げ分析など基本的なレジ機能が無料。初期費用も月額費用も無料で、コストの負担をかけないのが魅力的でいつでもどこでも離れた場所から売上状況をすぐに確認して分析することが出来ます。

もちろんメニューの改編や在庫管理も簡単、使い方はいたってシンプルで、通常のレジを使用する際のトレーニングの時間は不要。大画面で操作は簡単なので誰でも簡単に使いこなすことが出来ます。

お店の最後はレジ締めを行いますが、煩わしいレジ締めもタブレットPOSレジなら簡単で短時間に作業を終了することも可能、基本レジ機能だけではなく、クレジット決済や商品管理、基本情報設定や顧客管理など機能必要な機能がきちんと備わっているので小売業から飲食業、サービス業まで様々なお店で利用されており、利用店舗数はナンバーワン、お手元にスマホやタブレット、インターネット利用環境が整っていればすぐに始めることが出来ます。

【2】スマレジの特徴

クラウド型POSと言われているスマレジは、アカウントを作成するだけですぐにPOSレジを導入することが出来ます。

従来のPOSレジはコストがかかる上にトレーニングも必要なほど操作内容が非常に多いため、初心者には扱いにくいものでした。しかし、クラウドと一体化となっているスマレジなら、高価な専門機器は不要です。

スタンダードタイプであれば基本機能を無料で利用することが出来ます。なので、導入コストを大幅に削減でき、iPadやiPhoneを使用するので教育コストもかかりません。

スマレジのメインエンジンはクラウド上にあります。クラウド上にあるという事は、メインエンジンが常にアップデートされており、最新の状態が保たれているという事です。データもすべてクラウドサーバーに保存されるため、売上報告を待つことなくリアルタイムで店舗状況を把握することが出来ます。複数店舗があっても問題なく横断して管理をすることも可能です。

【3】Ubiregiの特徴

Ubiregiは店舗で使用するiPadとアプリにWEBサービスで構成され、アプリをインストールしたiPadを店舗レジとして使用します。大きな画面で分かりやすく、シンプルな機能で誰でも簡単に覚えて使用することが出来ます。

店舗で入力されている売り上げデータはすぐにインターネットでユビレジが管理するサーバーへ送信されます。そのためリアルタイムでいつでもどこでも売り上げ状況を把握でき、売り上げ状況の改善につなげることも可能です。

商品管理もお手元のiPadで楽々管理、万が一トラブルがあってもすぐに対応が可能です。ユビレジではどのお客様がどんなものを購入していったのか、きちんとデータとして保存することが出来ます。またエステサロンでは施術内容まで管理できるので、カルテとしても使用することが出来ます。

名前や編集、履歴がWEBで管理されているので、お客様の情報は売り上げ共有を通してほかの店舗でもデータを共有することが出来ます。

あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較
あなたのお店に必要な機能からチェック!店舗管理システム完全比較